×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

櫛形山脈縦走 登山記録 2007/10/7 s.k
568m櫛形山 新潟県胎内市 単独 晴れ
胎内市全域を見下ろせ、二王子岳、飯豊連峰の眺望が素晴らしい「日本一小さい山脈」の縦走記録です。
水500mを2本、おにぎり2個、行動食少々。
リュックは持たず、Wストックでウェストバッグのみのランニングスタイルとする。
8時自宅出発、下山予定の石切山駐車場に車を停め、自転車で登り口のある関沢へ向かう。
林道の途中から、砂利道と登り坂が難儀になり自転車をデポして登山口へ。
歩いてこそ秋の草花を身近に感じられる。
小さなミゾソバの花は、ピンクからホワイトへのコントラストが綺麗だ。
8時50分関沢登山口駐車場
9時登山口 
9時40分櫛形山山頂
男女4人とワンちゃん1匹の先客あり。
滑らないよう足元に注意
10時5分 飯角分岐点
11時   板入の峰
大きくはないがブナ林が続き爽やかな空気
エブリ差岳から飯豊方面、風倉山、二王子岳の眺望
11時30分 ゆずりはの峰
11時50分 鳥坂山山頂 
山頂から数分下った所に、胎内平野を見下ろす絶景ポイントがある。
12時10分 マイクロウェーブ
手前で熊の糞を発見!近くの木には爪の跡もあった。
去年は山のえさ不足により、里での駆除のため熊の個体数は相当減ったと思われるが、今年はどうなるだろうか。
マイクロウェーブから車道を歩き下山、途中リンドウを見つけた。
12時40分登山口
コースタイム
関沢登山口→40分→櫛形山山頂
櫛形山から鳥坂山まで縦走 2時間
鳥坂山→50分→石切駐車場
合計3時間40分
稲刈りの終えた胎内平野と故郷の町並み、振り向けば飯豊連峰。一番近くの山なのに、ようやく縦走する事が出来ました。
体力的には物足りなくもありましたが、丁度良いトレーニングコースかもしれませんね。
雪のある季節に、スノーシューで登ってみたくなりました。
ヘッポコ登山記録